カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

フラカネ

Author:フラカネ
FC2ブログへようこそ!

ルックJTB

JALPAK

楽天のおすすめ

フライミー

集英社




丹波の「高源寺」は、兵庫県丹波市青垣町桧倉にあり、現在は臨済宗妙心寺派の寺院である。山号は瑞巌山。本尊は釈迦如来。もみじ(天目かえで)の寺として知られている。 
「高源寺」は、1325年に「遠谿祖雄」禅師によって開創され、臨済宗中峰派の本山である。
甲斐の「栖雲寺」が「東天目」と呼ぶのに対して、「西天目」と呼ばれ、丹波屈指の名刹として知られている。「遠谿祖雄」禅師は、当地青垣町の山垣城主「足立遠政」公の孫の「足立光基」の三男である。幼少の頃より出家し、1306年に中国に渡り、杭州天目山の「中峰国師」のもとで約10年修行をして悟りを開き、帰国後、霊夢で得た天目山に似た佐治郷小倉に堂宇を創建した。
 1326年には「後醍醐天皇」より「高源寺」号を賜り、また「後柏原天皇」の代には、勅願所の礼遇を許され、住職は末代紫衣の宣旨を受け、全国に末寺を持つ大本山となった。しかし、天正年間、「織田信長」の丹波攻略によって建物をことごとく焼失していまった。
享保の始めに「天岩明啓」禅師によって再興し、1799年には、「弘巌玄猊」禅師が、柏原藩の援助を得て再び再建して、現在に至っている。下の図は、現在の「高源寺」境内図である。

境内図

「高源寺」は、 JR福知山線柏原駅からバスで50分、桧倉停留所下車して徒歩10分くらいの所にあります。
初めに「惣門」(下の図)が見えてきます。

惣門 

「惣門」は、「弘巌玄猊」禅師が織田藩の援助を得て建立したものです。
「惣門」を潜り石段を上っていくとその先に見えてくるのが、「山門」(下の写真)である。

山門 

この「山門」は、別名「紫鳳楼」と呼び、二階には、お釈迦様と十六羅漢が安置されている。 この建物も「弘巌玄猊」禅師によって建立された。
この「山門」の前にあるのが、「仏殿」(下の写真)である。

仏殿 

「高源寺」の中心をなす建物で、「灋王殿」ともいい、本尊「釈迦如来坐像」が安置されている。 本尊「釈迦如来坐像」は、天台宗の僧・恵心僧都の作と伝えられ、平安末期から鎌倉時代の頃の作とされています。この建物は、中興の祖である「天岩明啓」禅師によって建立されました。
左側にある石段の昇って行くと目の前に「方丈」(下の写真)が見えます。

方丈 

「方丈」は、「庫裡」も兼ねています。「方丈」の建物は、「弘巌玄猊」禅師によって建立された。
この「方丈」の右奥に進んでいくと「多宝塔」(下の写真)が、見えてくる。

多宝塔2 

一般的には、この「多宝塔」は、「三重塔」とも呼ばれている。しかし、中は「輪蔵」という造りになっていて、経典が納められている。 この建物も「弘巌玄猊」禅師のよって建立された。

今回紹介した「高源寺」は、花の寺としても有名であり、特に紅葉の時期がきれいである。さらに春になると、桜を見ることができる。(下の写真)

花 

今回は、「高源寺」HP他を参考に紹介しました。

☆参考

○関西花の寺25カ所の旅

スポンサーサイト
 2018_07_04


「池上本門寺」は、東京都大田区池上にある「日蓮宗」の大本山である。1289年に山梨県の「久遠寺」身延山を出て、常陸に向かう途中で、武蔵国池上郷の「池上宗仲」の館に逗留した。その時に、館の背後の山上に建立された一宇を「日蓮」が開堂供養して、「長栄山本門寺」と命名した。その年に、「日蓮」が没すると、「池上宗仲」は法華経の次数に合わせた寺領を寄進して寺院の基礎が築かれた。それによって「池上本門寺」と呼びならわされた。

境内図

 東急池上線の「池上駅」下車徒歩10分くらいで、「総門」(下の写真)にたどり着く。

総門 

「総門」は、1688年から1704年の建立と伝えられ、ケヤキ造りの門である。門をくぐると表参道の「批径難持坂」(上の写真中央の石段)と呼ばれ96段の石段坂がある。これは、「加藤清正」の寄進と伝えられ、この石段の昇りきると、「仁王門」(下の写真)に突き当たる。

仁王門 


初期の「仁王門」は、1532年から1555年頃に建立されたと伝えられており、その門は焼失してしまい、その後の1608年に徳川2代将軍「徳川秀忠」公によって再建された。しかし、1945年の空襲によって焼失して、1977年に鉄筋コンクリート造で再建されたのが、現在の「仁王門」である。入母屋造の重層門で、本瓦葺、間口16.4m、奥行6.4m、棟高17.2mの門である。
「仁王門」を潜ると、目の前の先に「大堂」(下の写真)がある。「日蓮」を祀る所から「祖師堂」とも言われている。

大堂 

現在の「大堂」は、1964年に、鉄筋コンクリートで再建されたものである。入母屋造で、本瓦葺 間口15間 奥行16間、棟高27.2mの建物である。「大堂」は、1606年に「加藤清正」の母の7回忌追善供養のために建立した。1619年に焼失したが、1628年に再建され、1710年に再び焼失して、1723年に8代将軍「徳川吉宗」の用材寄進によって縮小して再建された。しかし1945年の空襲によって焼失したために、戦後は「仮堂」でしのいでいた。
「仁王門」の右側の方に、「五重塔」(下の写真)がある。

五重塔 

「五重塔」は、1608年に建立された。当初は、大堂の右手前、現在の鐘楼堂と対の位置に建てられたが、1614年の慶長の大地震で傾き、1701年に5代将軍「徳川綱吉」公の命で現在地へ移築・修復された。1045年の空襲による焼失をまぬがれた貴重な古建築のひとつである。1997年から2002年にかけて、解体修理が行われた。
「大堂」の奥に「本殿」(下の写真)があるが、元の「釈迦堂」である。

本殿 

古くからの「釈迦堂」は幾度となく罹災し、天正年間に再建した「釈迦堂」も1710年に焼失した。1730年に再建した「釈迦堂」は、1945年の空襲で焼失した。当初、旧「大堂」に隣接して建っていたが、1608年に完成した「本殿」は、現在の位置に鉄筋コンクリートで再建された。
「本殿」は、間口25.2m、奥行き50.4m、軒高14.4mの 鉄筋コンクリート造の寄棟造裳階付で、本瓦葺である。

今回は、「Wikipedia」、「池上本門寺」HP他を参考に紹介しました。

☆参考

○日蓮を読み解く80章


○日蓮百話

 

○法華経の真実


 2018_06_19


「久遠寺」は、山梨県南巨摩郡身延町にある「日蓮宗」の総本山である。
1274年に、佐渡の流刑を終えて鎌倉に戻った「日蓮」を甲斐国波木井郷の地頭「南部六郎実長」が招いた。「日蓮」は、西谷の地に草庵を構えて、流布、信徒の教化教育をするとともに、日本に迫る蒙古軍の退散、国土安穏を祈念した。
1281年に、十間四面の「大坊」が整備され、「身延山妙法華院久遠寺」と名付けられた。1282年に、山を下り武蔵国の池上宗仲の館にて病状が悪化したために、「日蓮」は逗留先で亡くなった。
1475年に、11世法主「日朝」により、西谷から現在地に伽藍を移転された。その後、宗門中興三師「日重、日乾、日遠」で、確固たる地位を確立し、「日脱、日省、日亨」の三師以降壮大な伽藍を整え、1712年に山内に133坊と最盛期を迎えた。1744年以降1875年までに度重なる出火等によって伽藍及び寺宝を焼き尽くしたが、71世法主「日監」の尽力とその後の法主によって現在に至っている。
伽藍は、1875年の大火によって焼失し、現在の堂宇のほとんどが、再建されたものである。

境内図 

「三門」(下の写真)は、上記境内図の「菩提梯」の石段の手前の下の方にある。

三門 

この「三門」は、間口5間、奥行2間、高さ約21mで、日本三大門のひとつに数えられている。創建は、1642年、2度の火災に遭い、現在の「三門」は、1907年に再建されたものである。この門を潜て、「菩提梯」の方に歩いて行くと、右側に「日生上人像」と「宮沢賢治詩碑」が見えてくる。
さらに歩くと、「菩提梯」の287段の石段がある。「菩提梯」とは、「悟りへの階段」を意味する。
この階段の登り切った左側に「五重塔」(下の写真)がある。

五重塔 

創建当時の「五重塔」は、1619年に建立されて、1829年に焼失した。その後、1865年に再建したが、1875年に焼失してしまった。現在の「五重塔」は、2008年に再建されたものである。
この「五重塔」の前方にあるのが、「本堂」(下の写真)である。

本堂 

この「本堂」は、「日蓮七百年遠忌」の記念事業として着工し、1985年に落慶法要を営んだ。間口約17間半、奥行約28間の鉄筋コンクリート造りであるが、内外装は木造仕上である。
「本堂」の向かって右側にあるのが、「祖師堂」(下の写真)である。

祖師堂 
「本堂」に続いている「祖師堂」は、宗祖「日蓮」の御影像を安置している。「祖師堂」は、1881年に再建されて、堂宇の中で最も古く、間口12間、奥行20間の大堂である。

今回は、「Wikipedia」、「週刊古寺をゆく29」、「身延山久遠寺」他参考に紹介しました。

☆参考


 2018_06_05

石川の妙成寺

Category: 建築  

「妙成寺」は、石川県羽咋市にある日蓮宗の寺院である。1294年に創建され、「日蓮」の孫弟子の「日像」が開祖である。1582年に、能登国の太守「前田利家」から寺領を寄進され、1603年には、利家の側室「寿福院」の帰依をうけ、前田家の菩提樹になるなどの庇護を受けて、隆盛を極めた。その後、七堂伽藍が完成した。(下の図)

境内図 

受付を通って階段を昇った所に「二王門」(下の写真)である。

二王門 

この「二王門」は、1625年に建立された三間一戸の楼門で、二階建入母屋造り、棧瓦葺きである。
この「二王門」を潜った奥に石段があり、それを上った所に、「五重塔」(下の写真)がある。

五重塔 

「五重塔」は、1618年に建立された方五間の単層入母屋造り、栩葺きで、底辺4.85m四方、高さ34.27mの大きさである。1815年に、焼失した「日光東照宮五重塔」とほぼ同一と伝わっている。
向かって右側に「本堂」(下の写真)がある。配置が、一般の伽藍と異なり、折れ曲がって「金堂」が配置されている。

本堂 

「本堂」は、1614年に建立された桁行五間、梁間5間の入母屋造り、杮葺きである。
「本堂」の右側にあるのが「祖師堂」(下の写真)である。

祖師堂 

1624年に、建立されたと伝えられるが、様式的には安土桃山時代ごろの建築と推測される。方五間、単層入母屋造り、杮葺きである。
この「祖師堂」の手前、「二王門」の脇にあるのが、「鐘楼」(下の写真)である。

鐘楼 

この「鐘楼」は、1625年に建立されたと伝えられているが、「二王門」の建立とほぼ同じ時期に建立された。桁行三間、梁間二間の袴腰付で、入母屋造り、杮葺きの建物である。
その他に、「経蔵」、「釈迦堂」、「三光堂」、「書院」、「庫裏」などがある。

今回は、「Wikipedia」、「妙成寺」HPを参考に紹介しました。

☆参考

北國文華 第62号(2015冬) 特集:動き出した妙成寺プロジェクト

高沢 妙成寺みそ130g 12個入りケース

【新品】【本】百寺巡礼 第2巻 北陸 阿岸本誓寺・妙成寺・那谷寺・大乗寺・瑞竜寺 瑞泉寺・永平寺・吉崎御坊・明通寺・神宮寺 五木寛之/〔著〕


 2018_05_23


宮城県宮城郡松島町にある「瑞巌寺」、正式名称は「松島青龍山瑞巌円福禅寺」である。
開創は、平安時代に遡り、828年に比叡山延暦寺第三代座主「慈覚大師円仁」が、「淳和天皇」の詔勅を奉じ、開山したのが天台宗「延福寺」である。しかし、この「延福寺」は、鎌倉時代中期に滅した。この寺にとって替わった寺のが、正確な開創年は不明ですが、「法身禅師」が開山され「円福寺」と命名された。この寺は、「五山・十刹」に次ぐ諸山から「十刹」の高位に上り詰めたが、戦国時代を経て次第に衰退し、妙心寺派に属するようになった。
江戸時代に入り、仙台藩の伊達正宗によって「円福寺」の復興が行われ、1604年から1609年にかけて工事を行って完成させた。この時、このお寺を「松島青龍山瑞巌円福禅寺」と称した。
1636年に、「雲居」が入り、伊達氏の庇護もあって、隆盛を極めた。この時に、別個に存在した「五大堂」(下の写真)を「瑞巌寺」の管理下に入った。

五大堂 

この建物は、松島の景勝地に建つ建物であり、1604年に伊達政宗公が造営した。東北地方最古の桃山建築である。三間の宝形造、本瓦葺で、軒まわりの蟇股に、方位に従って十二支の彫刻が配してある。
「瑞巌寺」の境内は、主な建物は「本堂」だけで、その前に「中門」、「御成門」そして、「庫裡」がある小さなお寺である。(下の図)

境内図 

「総門」から来ると、受付があり、その奥に「中門」(下の写真)が見えてくる。

中門 

「中門」は、切妻造、柿葺の四脚門で、 建築物の中で唯一柿葺で、これは伊達政宗公が命じたと言われている。この門の脇に「御成門」(下の写真)がある。

御成門 

この門は、天皇・皇族方が訪れた時に開かれる門で、 入母屋造、本瓦葺の薬医門で、扉には「七宝輪違い文」が装飾されている。
「中門」を潜ると奥に「本堂」(下の写真)がある。

本堂 

「本堂」は、南東に面し、正面39.0m、奥行き25.2m 、入母屋造平屋、本瓦葺の建物で、1609年に建立された。 内部は禅宗方丈様式に武家邸宅の書院を加えた10室間取で、東・南・西三方に上縁・下縁がある。
「本堂」の右側に、「庫裡」(下の写真)がある。

庫裏 

「庫裡」は、正面13.78m、奥行23.64m。単層切妻造、本瓦葺で、大屋根の上にさらに入母屋造の煙出をのせて、 正面は千鳥破風の曲線が天を衝くように造られていて、その下に豪壮な唐草が彫刻されている。
「本堂」と「中門」の間にあるのが「臥龍梅」(下の写真)がある。

臥龍梅 

「伊達政宗公」が、1593年に朝鮮出兵の折に、鉢植にして持ち帰り、1609年に当寺の落慶の際に五葉松と共に本堂正面に手植えされた梅である。 地面を這うような姿と八重咲で7・8個かたまって実をつける事から、「臥龍八房」の異称がある。

今回は、「瑞巌寺HP」、「Wikipedia」他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考

月刊目の眼 2016年9月号 (東北に根付いた文化の証 松島 瑞巌寺 伊達の至宝 三井記念美術館 特別展「瑞巌寺と伊達政宗」)

秀吉、家康を手玉に取った男 「東北の独眼竜」伊達政宗

るるぶ仙台 松島 宮城'19 (るるぶ情報版)


 2018_05_02



06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ハーマンミラー正規店

イーナ

ヤマギワ

ダイソン

ルタオ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム



pagetop